1人でコンパニオンを呼ぶ|ピンク旅館で大盛り上がり!ピンクコンパニオンと騒いで飲んで
手鏡を見ている女性

1人でコンパニオンを呼ぶ

こちらを見ている女性

コンパニオンを利用することで、男だらけの場が一転、一気に華やかなものに変化します。
しかし、コンパニオンの利用に慣れていない人も多く、提案しても苦笑いされて終わってしまうことも…。
「誰もコンパニオン利用に賛同してくれない!」と嘆いているアナタ。
安心してください。
コンパニオンは必ずしも宴会時にしか利用できないサービスというわけではないのです。

最近では、1人でも気軽に利用できるコンパニオンが増えています。
一緒に買い物をしたり、食事をしたり、まるで彼女とデートしているかのような雰囲気を楽しめるでしょう。
しかし、ここでもやはりコンパニオンとピンクコンパニオンとで、できる範囲が変わってきます。
通常のコンパニオンを呼んだ場合、買い物や食事、映画鑑賞など、一般的によくデートでおこなわれることはなんでもOKです。
ただし、女の子へのお触りは厳禁ですので、ハメを外して調子に乗らないようにしましょう。
ピンクコンパニオンを呼んだ場合、通常のコンパニオンと同じことができますが、こちらはお触りしてもかまいませんし、女の子が服を脱いじゃうこともあります。
そのため、ただふつうのデートプランを組むのではなく、日帰り旅行など、2人きりになれるデートプランで楽しむといいでしょう。
遠出をしたくない場合はカラオケボックスなど、暗い個室を用意してくれるところで遊ぶのがオススメです。
ただ、もしピンクコンパニオンを呼んだとしても、風俗ではないので性的な行為を求めるのは禁止されています。
また、自宅に呼ぶなどの行為も禁止されているので注意しましょう。